蜂の駆除の事ならお気軽にご相談下さい! ハト・糞による被害について

  • HOME
  • ハト・糞による被害について

日程や時間について

鳩の被害レベルは4段階あり、レベルによって対処すべき鳩の被害対策が変わってきます。
まずは、現在の鳩被害のレベルを認識しましょう。

被害レベル1: 休憩鳩

移動中の⽻休めとして、⽐較的明るい時間にやってきて、滞在時間も短いです。この時点では被害も少なく、鳴き声による「騒⾳被害」や「糞による軽度の汚れ」が中⼼です。ただし、この段階で未対策の場合、鳩が安全な場所として認知し、次の段階に進みます。

被害レベル2 :待機鳩

休憩鳩が安⼼できる場所と認知すると、えさを待っている間や仲間を待つ場所として定住します。近くに寝床及び営巣場所として安⼼できる場所がないか確認もしているので、この段階から⼀定の場所での糞の量が増加し、商品や洗濯物の汚れも発⽣します。

被害レベル3 :ねぐら鳩

待機鳩として安⼼した鳩は、ベランダの室外機の裏など、3⽅向が囲まれている場所をねぐらとなる安全な場所として認知します。明るい時間から⼣⽅から夜にかけて⻑時間滞在するので、騒⾳被害、⼤量の糞による被害など⼤きな被害に発展します。

被害レベル4 :巣作り鳩

ねぐら鳩を放置すると多くの場合、巣作り鳩に発展してしまいます。巣を作り、頻繁に繁殖する鳩が安全な場所を時間をかけて選定しているので仕⽅ありません。⼀度安全な場所と認識した鳩は、帰巣本能・縄張り意識により、簡単には出て⾏きません。⻑時間滞在するため⼤きな被害が発⽣します。